家を建てる - 分譲住宅

一般定期借地権付分譲のご案内

建物は自由設計による建売住宅として公社からその「所有権」を取得し、土地については、居住用の一戸建ての建物所有を目的とした51年間の「一般定期借地権(賃借権)」を設定し、土地の賃借料を公社にお支払いいただくシステムです。

一般定期借地権付分譲の特徴

借地期間は51年間とゆとりの長期契約です。
変化するライフスタイルにも十分に応える余裕の51年間契約ですから、家族構成やお子さまの成長にあわせた生活設計が可能です。
より少ない予算でマイホームが手に入ります。
公社から取得する住宅の購入代金と土地を利用するための保証金の合計額でマイホームが手に入ります。なお、登記費用などの諸費用が別途必要です。
住宅ローンは「フラット35」をご利用いただけます。
住宅ローンは、建物価格と土地の保証金の合計額を対象に住宅金融支援機構の「フラット35」を利用できます。フラット35は返済中に金利が変わらないので安心です。
月々の地代が必要。地代は3年毎に見直し。
土地の賃借料として支払う地代は、消費者物価指数による客観的な指標をもとに、3年毎に確認し、見直す場合があります。それ以外でも経済情勢の大幅な変動があった場合などには地代の変更をすることがあります。
土地は1年経過後ならいつでも購入可能です。
住宅のお引渡しから1年経過後であれば、いつでもその土地を購入できます。つまり「とりあえず借地で利用して、土地購入はゆっくり」ということも可能です。また土地価額は不動産鑑定評価額を基準として公社が決定します。
定期借地権の相続ができます。
定期借地権残存期間の利用権を相続することができます。相続人が複数いる場合には、定期借地権を共有することもできますが、契約内容については、連帯責任を負う形になります。
増改築・建て替え可能。また途中で譲渡も可能です。
建物に所有権がありますから、お子さまの成長やライフスタイルにあわせて、増改築や建て替えが可能。また、定期借地権とともに建物を譲渡することもできます。転勤などで家を離れる場合は貸家も可能です。なお、これらの場合には公社及び借入金の返済期間中は金融機関の承諾等が必要となります。
契約終了後は保証金が全額返還されます。
契約終了後、購入者は自己負担で建物を取り壊し、土地を更地にして公社に返還する義務があります。また、土地の返還により保証金は全額返還されます。ただし、利息は付きません。又、お客様の残債務がある場合は弁済に充当した残額とします。

コンテンツ

  • 申込みから入居まで

募集団地

  • しんじ学園台(松江市宍道町宍道)区画図・分譲地価格団地ガイド

受付期間

随時

申込みについて

定期借地権付分譲住宅購入申込書をご記入頂き、公社窓口までお持ちください。
定期借地権付分譲住宅購入申込書 (PDF:437KB)

このページの先頭へ

定期借地権とは借地借家法(平成4年8月1日施行)により誕生。当初に定められた51年の契約期間が終了するときに、更地で土地を公社に返還する借地権です。
次の3つの特約事項を公正証書その他の契約書面で定めることで成立します。
<3つの特約事項>
1. 契約の更新がないこと
2. 建物の再築等による期間延長がない
3. 期間満了時に建物買取請求をしない

1つの区画に2人以上の申込みがあった場合、申込書の受付順位に従って、申込者本人に抽選を行っていただき、当選者及び第三順位までの補欠者を決定します。抽選会当日、受付票を持参のうえ、本人(又は代理人)が必ず出席して下さい。連絡なく、欠席された場合は申込みを辞退されたものとみなします。
申込者が1人の区画については抽選を行いません。※再抽選について
補欠者及び落選者は、抽選会終了後に残区画が生じている場合に限り、当日再抽選に参加できます。なお、再抽選に参加された補欠者はその権利を失います。

申込書の提出時における空き区画について、区画ごとに先着で受付します。
空き区画、受付期間に関する最新情報については住宅業務課へ問い合わせください。